忍者ブログ
頭の中から思ったことが消えない内にここに書き留めようと思います。
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何を思ったか、作ってる時に何があったか、これからどうしたいか等の具体的な部分です。

前エントリー:http://violetveil.blog.shinobi.jp/Entry/39/ の続きです。

+ + + + + + + + + +
【コンセプト】
・はじめて物語
横浜には「はじめて物語」という言葉があり、開催場所は馬車道と既に決まっていたので、「横浜発祥の地の石碑」を利用しようと考えました。
そこからネタを展開していき、発祥の地だけでまとめました。

・場所と行動を1:1で合わせる
今回手伝って頂いた風簷さんが「アイスクリームであればそれに絡めた問題を作りたい」というやりとりをしました。
「どこでもはできない、その場所でしか出来ないゲーム」というテーマを持っているので是非とも実装したいと考えたのですが、出来ること出来ないこと、その謎が趣旨に合う合わないなど、色々と壁が立ちはだかりました。
そこから改造していった結果、電信であればメール、電話交換なら電話、写真なら写真のように、場所に対して行動や謎を直接それに関係させれば問題ないと判断し、これを軸にして話を進めました。

・プラケースがOKならガムテープもOKじゃない?
元々馬車道は地理的に知っているので、プラケースのようなものが設置不可能だというのはわかっていたので代替案として「あんたがた」でもよく用いられているガムテープを使用しました。プラケースがある程度放置されても大丈夫だったので、ガムテープも大丈夫だろうと。

後でも書きますが、石碑の文字が読みづらいので何かを設置するしかなかったのです。

・一人じゃなくて二人ぐらいでやる
このまま一人だと柔軟な発想ができず、そこから脱却しようと思って今回から風簷さんに手伝っていただいた次第です。
多ければ多いほど色々と出来て、やりとりも活発化して良い感じになったと実感した次第です。


 【開催時期について】
ゲーム自体は第三回終了から少しして出来てはいたので告知もしたのですが、前の開催日(10月9日)が雨の上に参加者が1名しかおらず、順延という形で伸びました。
なので11月に開催しようと思った矢先まさかのAPECがぶつかり、勝手に設置の都合上、警察の厳戒令相まって自重しました。
他にも私事ですが色々と予定が重なり、ようやく開催出来たのが12月11日でした。
この11日というのも池袋のARG飲み会と重なっていたので危うかったのですが、どうにかなってよかったです。


【募集・告知について】
Twitter上のみで募集の告知を行なっているのですが、自分のタイムラインに流すだけでなく
第三回同様、横浜トゥデイさん(@yokohamatoday)にお願いしました。

また、いままでが自分のTwitterアカウントに@かDMをいただくことという形で参加の話を頂いていたのですが、管理が楽であろうと思いATNDのほうにも告知を作りました。
http://atnd.org/events/10406

ATNDについてTwitter上で意見を伺ったところ、「どこからでも告知を受けていいが、ATNDに収束させるといい」と聞いたので、ATNDの一番上のほうに+1グループと書いてあります。
こちらは自分のアカウントに@で参加表明を頂いた分です。

中々にやりやすい・わかりやすいので、これからもこの方法は取り入れたいと思います。


【ルートについて】
馬車道で何かしたいと思ったのですが、馬車道でなにするかという部分を考えたときに、発祥の地を巡ってもらおうと思った次第です。
そこから発祥の地を調べ、点で繋いでルートになるようにしました。
なので、発祥の地以外は入れず、全て発祥の地だけでゲームが行えるようにしました。


【ゲーム自体について】
《0》:集合場所
募集要項に置いておいたあの地図は、世界ふしぎ発見で「シスト」と呼ばれる宝探しゲームの紹介をやっていたので、それを見て何かに使えるんじゃないかと作ったものです。
本来はここに宝箱を隠しておくのですが、あれだけで本当にわかるのかどうか、デバッグがてら今回は集合場所の謎という形で公開しました。
 
地元の方はすぐにわかり、地元でない方でも最初のヒントがあからさまだったのでそこから二番目のヒントが示しているものがわかったり、中にはGoogleマップのストリートビューであらかじめ確認されていた方もいたりと、地図の答えを知るべく色んな方向性からのアプローチがあり、結果的に全員スタート地点に集合していただけました。
その上、おおむね好評だったので、この宝の地図は成功だったと思います。

今回の地図は後日謎解き宝探しとして転用し、表記を加えてネットに放流しようかなと思います。

《1》:馬車道
ここでは前述の通り、ガムテープを貼ることは決めていたのですが、どこに貼るかは当日様子を見てから貼ろうと思って全く決めていませんでした。
当日になってどこに貼ろうかと様子を見ながら貼ったのですが、後ろめたい気持ちがあったので分かりづらいところに貼ってしまい、ガムテープが見つからないという自体が発生しました。
終了後に色々と話しを聞いたところ、目立つところに貼っても剥がす人いないみたいな指摘を受けまして、今度やるときはあえて目立ちやすいところに貼ろうかなと思います。

余談ですが、1:1で合わせるために考えたネタは以下の通りです。

アイスクリーム:アイスだけにうずまき状の暗号を解く
→その暗号を最初の紙に仕込んでも現地に行く必要がなくなるのでボツ
→プラケースが配置できればどうにかなったのですが、そもそも配置できない
→だったらと、ガムテープで後ろのコンビニで売ってるアイスの値段を調べろと指示する
→今回は数字を用いないのでボツ
→近くのアイスを売っている店に頼もうとも思いましたが、何も用意してなかったので断念

ガス灯:紙を透かしたら謎が出てくる
→アイスの謎同様、最初の紙に仕込んでも行く必要ないし、プラケース配置できないのでボツ
→ガス灯だけに火あぶりを考える
→危険な上に喫煙者がどれだけいるかのデータがないので、ライターを所持してないだろうと思いボツ

街路樹:考えつかなかった
→そのせいで1箇所だけ何も無いというのはよくないのでどちらにせよ他2つをボツ
→街路樹に矢印かなんか掘るのもいいかなと思いましたが、跡が残るのでボツ

と、諸々の事情からガムテープで言葉を集めるという無難なものになりました。


《2》:写真
写真だけに写真で次の場所への誘導を促すのは決定していたので、写真を人数分配ることも考えたのですが、写真に本来写ってはいけないものが写っていたというバグを発見。
手元にカメラが無くなってしまったので修正不可能だったので、その画像1枚をマジックで塗りつぶすなどして乗り切りました。


《3》:電信
実際に電信で何をやりとりしたかは横に置いておいて、言葉の響きがメールぽかったのでメール。
Gmailで自動返信が可能だということで、それを使いました。

《4》:消防救急&電話交換
2つ合わせると緊急連絡先と読み替えることはできないかと思い、そういうギミックに。
こうすることで、より名前と密接に絡められたのではないかと。

《5》:開港公園
ここは日米和親条約調印の地ということで、間接的に横浜の発祥の地であります。
なので、はじめて物語的にも、広さ的にも一番適切だったので、ここをゴールに。


【予算】
3000円

プリンターが壊れたので、殆どローソンのUSBプリント分(印刷代)です…
それ以外は殆ど予算を割かなくて済みました。


【失敗点】

・地図にスタート地点を書き忘れた
非常に申し訳ないです、一応解決策として最初に口頭で説明しました。
中にはGPSで現在地を確認されている方もおられたので、軽度のバグとしておきます。

・予想以上にガムテープが目立たない
これが致命的でした。こちらも後ろめたい気持ちがあったので目立たない所に隠したのですが、プレイヤーの方には目立たなすぎて存在に気づいてもらえないということに。
「見つからない」という声が多かったのですが、最後に回収に向かうとそこにはちゃんと貼ってありました。
今回はかろうじて「見つからないでもどうにかなる」問題であったり、人を置くという代替案を打ち出したりしたのでどうにか乗り切ったのですが、見つからないことで問題をミスリードさせてしまったりと非常に申し訳ないです。
次回やるときは「逆に目立つ所に貼る」ことで解決しようと思います。
話を聞いたところ、そこまで見ないとのことなので、そちらの方法を取りたいと思います。

また、ガムテープ関連で「複数の人が貼ったり剥がしたりを繰り返すことで粘着力が甘くなる」という意見も頂きました。
一応想定はしていたのですが、6組なので大丈夫とタカをくくっていたのですが、予想に反してかなりヘタれていましたので、ここらへんも要注意かなと。

・全体的にわかりづらかった
表記を少なくすることで直感的な理解を求めたのですが、それが裏目に出て説明不足という反応が多かったです。
主に写真の問題では写真映りが悪かったり、少し表記が足りなくて見つかりづらかったりと、いくつも見つかりました。
私としては「横浜ARGとは広大な街を使用する都合上、プレイヤーを上手く誘導させなければならない」と思っているので、このミスは致命的でした。
改善点としましては、ひたすらデバッグするしかないのかなと。

・自動返信が返って来づらかった
iPhoneは何故かGmailからの自動返信が遅かったようです。
最終的には届いたので問題なかったのですが、こういったネットを介するサービスは繋がらない・届かない可能性があるというリスクが伴うと痛感しました。


【頂いた意見】
■プレイヤーの方に頂いた意見
・観光的であれば、もっと場所に関する情報が欲しかった
第三回の時に印刷費が高く付くとのことから今回は自重したのですが、それが裏目に出ました。
次回に具体的な場所を用いるのであれば、各箇所に紙を配置したいなと思います。

・あからじめ場所を最初に教えるというのもありなのではないか
第七回のテーマにさせていただきますw

・文字がある程度抜けていても進行可能にする
この言葉を頂いたときに、どうすればいいかと考えたところ、単純に「答えの文字数を多くして、一度に見せる文字数を少なくすればいい」という結論に達しました。
5文字の言葉を埋めるのに1文字が隠れている5箇所を回れば、6~7文字埋まったところである程度予測出来るのではないかと思いました。

■横浜コミニュティメディアラボの集まりで聞いた意見
・記録係を作る
記録係を設けて、どこか1チームと一緒に行動することで、プレイヤー目線の記録が撮れ、それは記録して残すことで分かりやすいとのことでした。
街歩きと非常に親和性の高く、実装の用意なので次回から試してみたいです。

・終了後にお茶飲みながら話聞けばいい
ごもっともなので、終わった後に休憩出来る場所を確保したいなと思います
冬場なんで暖かい所で話が聞ければと思います


【感想】
コンセプト的には達成できたのですが、ストーリーにまで頭が回らなかったのが心残りです。
せっかく場所と行動を1:1で合わせたので、そこにストーリーも合わせられたらもっと面白くなったのではないかと思います。
また、問題点が多く発生したのも反省点です。少し見切り発車だった部分もあるので、もっと綿密に計算の上でプランを立てたいと思います。

これは私的なことですが、徐々に色んな方に色んな形で知っていただいけて、本当に嬉しいです。
なので、出来る限り完成度という部分に注意しながら、面白いゲームを作っていきたいです。

また次回開催の際には、ご参加のほうをお待ちしております。

最後に、本当に風簷さん(@fuen_dreamer )には感謝しています。本当に色々とありましてw


---
以上、駄文でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
最新CM
[10/05 Violet_Veil]
[10/04 金子]
[09/29 Violet_Veil]
[09/28 金子]
[09/10 タンク]
プロフィール
HN:
Violet_Veil
性別:
非公開
自己紹介:
コンタクトはこちらから(あっとを@に変換してください)matsuo0174vあっとgmail.com
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Vanishing Head All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]