忍者ブログ
頭の中から思ったことが消えない内にここに書き留めようと思います。
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

参加人数の概念について。


+ + + + + + + + + +

【はじめに】
現在想定している参加人数は

3人×6グループ=18人

を予定しています。
これには色々と考えた経緯があるので、どうしてそこに辿り着いたかです。


【グループ数】
現在、3人1グループを6つ作る予定でいます。
そして各グループにエリアが割り当てられ、そのエリアに関連した問題(謎)を解いていきます。

グループ数が6である理由は、横浜は広いので6つのエリアに分けたためです。
この数が今考えている謎的にもふさわしく、ちょうど行動しやすい範囲を考えると6という数に。

これにより、横浜の観光名所をゲーム自体で見ると全部巡っているということも可能になっています。

※あくまで期待値なので、人数が足りない場合、もしくは負担が大きい場合は4グループとなります。


【何故1グループ3人か?】
ここには少しこだわりというか、3人であることに意味があります。

・1人の場合
小旅行をアピールしているのに、1人で歩いて面白いでしょうか?
一人旅ももちろん面白いですが、これはゲームです。皆で話しつつ風景を楽しむべきだと思いました。
今回食事も考慮に入れています、しゃれたレストランに1人で入るのは自分も嫌です。

・2人の場合
1人よりはグループを形成しているので会話・相談などが行えますが、
グループの強みである多数決が行えません。
この多数決はグループ行動において重要な要素となります。意見がぶつかったとき、二人ではケンカにしか発展しないからです。

・3人の場合
3人だと話し合える人が2人もいる上に、困ったときは多数決が行えます。
更に、以前テレビで見たのですが、人間は3人いるとグループとみなすそうで、安心感も得られるそうです。
(2人はグループではなくプライベート空間、カップル等々)
私はARGなどのグループ行動ではこの3人が適切な数字だと考えます。


・4人の場合
人数は多くてわいわい楽しめるのですが、交通機関の圧迫や運営の負担を減らすという意味でも、必要最小限の数(3人)で留めておくことが妥当だと思いました。
また、4人ではグループとみなされますが、多数決が行えないのも3人がいいという理由です。

・5人
グループであり、多数決は行えますが、各種負担が重いと考えます。

こういった理由から、3人が妥当と考え、6チーム=18人という参加者にたどり着きました。



以上、駄文でした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
最新CM
[10/05 Violet_Veil]
[10/04 金子]
[09/29 Violet_Veil]
[09/28 金子]
[09/10 タンク]
プロフィール
HN:
Violet_Veil
性別:
非公開
自己紹介:
コンタクトはこちらから(あっとを@に変換してください)matsuo0174vあっとgmail.com
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Vanishing Head All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]